スポンサードリンク

スポンサードリンク

Gセット(デジタル一眼レフ、ホットシュー付デジカメでの撮影)

【ライトグラフィカ】撮影照明『ソク撮』入門用セット150Wストロボ2灯撮影機材セット

このセットを簡単にいえば、ストロボ2灯のセットで、なるべく安く機材をそろえ撮影するためのセットになります。

やはり避けて通れないのがメイドインチャイナです。組み合わせた大半の製品が中国製です。ただ定評がある程度あったり、国内用品メーカーの物をなるべくセレクトしてます。

格安モノブロックセットで組み合わせ

ライトとアンブレラ、スタンドがセットになった 【撮影用ライト専門店 PHOTO TOOLS】 180W モノブロックストロボ アンブレラ 2灯セット (ブームセットなし) を使います。この商品のアンブレラは、反射用(内側銀色)とルーセント(透過)の2本が付いており光質を変えたライティングが可能です。 50Wのモデリングランプが付いておりある程度ライティングの確認ができるのがポイントです。

機材名又は商品名 数量 一般的な単価(円) 数量×単価(円) 備考
PHOTO TOOLS】 180W モノブロックストロボ 2灯アンブレラセット 1 51,624 51,624  
UN ホットシューアダプター UN-7411 1 1,080 1,080  
スーペリア トレーシングペーパー 1.1mx20m TP-11 1 1,928 1,928  
レフ板 1 3,000 3,000 自作他
三脚 1 3,500 3,500  
その他 小物 2 1,000 2,000 背景布 クリップなど
合計     63,132  

表の中の価格は管理人が調べたときの価格です。変動する可能性があります。 あくまで参考としてください。

中国製モノブロックストロボとアクセサリーでセットを組む

上のセットでも高いと思われたら アマゾンには、1万円前後のモノブロックストロボが売られています。これにスタンドとアンブレラを組み合わせれば撮影出来ないことはありません。

他の中国製と同じで、あまり使わないなら選択肢に入れてもよいかと思います。お勧めはしません。

金額的には、ストロボ2灯で2万円、スタンドとアンブレラセットが2つで1万円、その他のアクセサリーを入れて3万円の半ばで揃うと思います。

その他アクセサリー について

三脚(クイックシュー付き)は、あったほうが絶対便利です。ただ静止している物をストロボで撮影するため手振れの心配はありません。(スローシャッターにしない限り)そのため少し金額を下げてもOKです。
内訳に入れている丸レフ板は 少し大きめの物が必要になります。アマゾンなどで80Cm程度の物が2000円以下で各種売られているので1枚は用意したほうが良いでしょう。なおAセットなどの小型レフと同じで、ホームセンターで発泡スチロール板を購入し自作する方法もあります。(スペースがあればこちらがお勧めです。)
そのほか、商品により撮影台や、小型のレフ板が必要になります。Aセットなどを参考に工夫していただくことになります。
ハンドバックなど小型商品の撮影がメイン(多く)で、たまにトルソーを使った撮影をする方は、ソフトボックスやブームの購入も検討ください。

スポンサードリンク
ページのトップへ戻る