スポンサードリンク

スポンサードリンク

ストロボ(フラッシュ)の詳細

ストロボとは、瞬間的に強い光を出せるのが特徴で写真撮影では広く使われています。もともとストロボ‐リサーチ社の商品名が一般名詞になったもので、エレクトリックフラッシュ、スピードライトなどと呼ぶメーカーもあります。
商品撮影においてもストロボセットを抜きにすることはできません。

ジェネレータータイプ

コメットストロボ

写真のような箱型の電源部(電気を蓄えるのでこう言われる)にヘッドと呼ばれる発光部をケーブルでつないで使うシステムです。このタイプは光量である出力をWs(ワットセカンド)という表示であらわします。右の写真の物は1200Wsで3灯まで接続できます。 発光部のつなぎ方やつなぐ灯数で1灯当たりの出力を設定し。さらにダイヤルなどで微調整します。
明るいモデリングランプ(光の当たり方を見る定常光ライト)も付いておりライティングの状態は確認しやすい上、場合によりモデリングランプのみで撮影することもあります。
光量がたっぷりあり、ファッション写真のように動きのあるモデル撮影や、大型商品を撮影するならこのタイプということになります。逆に小サイズのものを撮影するには、光量がありすぎて使いにくいときがあります。撮影用途を考えて対応する機種を慎重に選ぶべきです。

ストロボヘッド

万能選手といった感じのストロボですが、価格が高いのがネックです。標準的な 1200Wsの2灯セットで50万円ほどします。撮影用途によりアクセサリーを加えると一式 100万円近くになることも珍しくありません。
使用方法は、マニュアルです。一度覚えてしまえば簡単ですが、初めて導入され経験者がいない場合、書籍や独学ではなかなか難しいと思われます。出張講習などを行うメーカーや販売店から購入するのがお勧めです。

モノブロックストロボ

モノブロックストロボ

モノブロック=一体式という意味で電源部と発光部がひとつになったストロボです。デジタルカメラが一般的になった今、商品撮影用照明機材の本命です。当サイトでもいろんな機種、セットを紹介してます。

特徴は、ジェネレータータイプに比べ軽量でコンパクトです。(電源部と発光部を合わせて比較した場合)
ケーブルも1本(ヘッド接続ケーブル)が不要ですから取り回しが楽です。多灯を使う場合、それぞれにACコードがいります。
モデリングランプ(光の当たり方を見るライト)は必ず付いてます。(サンスターストロボに付いていない機種が存在)
欠点は、一回発光させてから次の発光ができる時間をチャージタイムといいいますが、この時間がジェネーレータータイプに比べ、少し遅いものが大半です。
多灯を使う場合、それぞれにACコードがいります。
また冷却用のファンが内蔵されていない機種は、数10発以上の連続発光に制限があります。
出力的には、300Ws、 400Wsの機種が、よく売れており、100Ws、150Ws、200Ws、500Ws、それ以上の物もあります。
金額的には幅があり、300Wsの国内メーカーの物(本体のみ)が6万円程度からです。
中国製の物も多数出回っており150Wsで1万円というものもあります。(中国製品に関しては別に説明します)
ライティングそのものはジェネレータータイプとあまり変わりません。接続ケーブルが無く、小型の分だけ少し楽といったところです。カメラマンやメーカー、販売店の簡単な講習を受ければ使えるようになると思います。

クリップオンストロボ

クリップオン

出張撮影(スタジオではなく、出かけて行き現場で撮影する)を仕事としているプロカメラマンを中心にじわじわと広がりを見せているのが、クリップオンストロボを複数使うライティングです。元々、カメラの上部にあるホットシューという取り付け部に付けて使うフラッシュです。アクセサリーが、かなり充実してきましたためモノブロックストロボの代わりに使い始めたプロカメラマンも多くいます。
モノブロックストロボと比較すると、かさばらず、軽量、単三電池で発光するのでAC電源がなくても使える、うまくセットを組めば自動(TTL)で光をコントロールできるといった利点があります。価格も中国製を組み合わせると、かなり安くシステムが組めます。
欠点は光量です。 このタイプは光量をあらわすのにカイドナンバー(GN)という単位を使います。数字が大きいほど大光量です。ちなみにGN60の製品でもモノブロックストロボ300Wと比較すると3分の1~4分の1程度の光量です。

もうひとつの問題は、モデリングランプが無いことです。モデリングランプとは、ストロボ光は瞬間しか光らないため、ライティングの状態(光の当たり具合)がわかりません。そのため大型ストロボは、ハロゲンランプなどを発光部(ヘッド)に組み込んであり、照明して確認に使います。
クリップオンストロボでシステムを組むのは、ある程度ストロボに関してスキルがないと使いこなしが難しいと思います。補助光、アクセントライト用や、撮影時に移動が多い、AC電源が取れない、できるだけ収納をコンパクトにしたいなどの理由があれば使っても良いのでは?といったところです。

ガイドナンバーについて

ガイドナンバーGNの表記に問題があり、望遠レンズを使う時の、光を集めて発光したときの光量(集光するので大きい数字になる)を表示しているメーカーと、レンズの焦点距離が35mm(やや広角)の範囲を照らすときのカイドナンバーを表示しているメーカーがあります。比較検討するときは同一の焦点距離でGNがいくらかを確認する必要があります。
モノブロックストロボなどの光量をあらわすWs(ワットセカンド)とは別の表示です。単純比較できないため、表などありません。体感的に言うとモノブロックストロボでは300Wsのものが主流ですが、大光量と言われるクリップオンストロボでも100Wsあるかないかの光量と思います。 ただ光を集めて(やや望遠)使うときは100Ws以上になります。

スポンサードリンク
ページのトップへ戻る